不妊に悩むカップルに|妊娠中に巻き起こる不調和音|取り除く手段

妊娠中に巻き起こる不調和音|取り除く手段

不妊に悩むカップルに

ドクター

体外受精で行われる

着床前診断は妊娠の前に受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる検査のことです。受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠が成立するので、不妊治療で体外受精を行っている場合に出来る検査になります。夫婦のどちらかに重い遺伝性の疾患がある場合に特定の遺伝子を調べて子供にその疾患が遺伝するかどうかを確認して病気が遺伝してしまったり流産してしまうのを防ぐために行われています。また、特定の疾患以外でも以上が内科銅貨を調べる着床前診断も行われており、これは着床前スクリーニングと呼ばれています。染色体異常がある受精卵は着床してもほとんどが流産となってしまうため、着床前診断は不妊症の人や習慣的に流産してしまう人にとって健康な赤ちゃんを産み育てるための技術とも言われています。

負担を軽減できる

着床前診断を行うと、妊娠して胎児となった時点で疾患の遺伝や染色体異常があることがわかり、産むか産まないかの苦しい選択をするよりも、まだ受精卵という段階のため親の精神的な負担や母親の身体への負担も軽減することが出来ると言われています。特に流産を繰り返してしまう人にとって、流産を引き起こす可能性が高い受精卵を避けることによって妊娠して無事に出産することが出来る可能性を広げてくれるものにもなります。しかし倫理的な問題もあり男女の産み分けのための日本国内での着床前診断ではできず、海外の男女の産み分けのための規制が行われていない海外などに渡航する人もいます。しかし海外でも規制が広がってきているため、渡航前のチェックも重要になります。