妊娠中に巻き起こる不調和音|取り除く手段

不妊に悩むカップルに

ドクター

着床前診断は重い遺伝性の疾患を持っていたり、習慣的に流産をしてしまい不妊治療を行っているカップルにとっては、精神的にも肉体的にも負担を軽減し、健康な赤ちゃんを妊娠し出産するための大きな光であると言えます。

More Detail

コウノトリを呼び寄せよう

整体師

不妊に悩む方の強い味方が、吉祥寺の不妊整体です。整体によって身体全体のバランスや血流を整えることで、妊娠しやすい身体を作っていきます。男性も施術を受けられるのも嬉しい点です。また、不妊整体と並行しながら不妊治療を受けると、不妊治療の成功率が上昇します。様々な利用法ができるのも、不妊整体の良い点です。

More Detail

妊活をする為の環境が大切

病院

大阪で不妊治療を専門にしている産院は非常に多いですが、どの病院も女性の赤ちゃんを授かりたいという気持ちを大切にしています。精神的にも経済的にも負担の少ない方法から段階的に、不妊治療を進めていくので、不安も少なく、コストもかかりにくい点も魅力の一つです。

More Detail

特に食事に注意して

女医

妊娠中の健康管理カレンダー

妊娠中の栄養をしっかり補うためにもサプリを活用しておくことが大切です。為になる情報がここで紹介されていますよ。

妊娠中は大きな変化が体に起こります。人をおなかで育てるのですから当然といえますが、それにより母体は様々な不調を感じることが増えます。妊娠中のトラブルの代表格がつわりです。おもに妊娠初期に起こり、気持ち悪さや吐き気、嘔吐、食欲不振や味覚の変化により栄養不足や脱水症状などが起こることがあります。つわりの時期は食べられるものを食べていればよっぽどの場合をのぞき胎児に影響はありません。ですが、つわりが終わる頃になると胎児も大きくなるため、つわりが終わったら食事内容などを意識していかねばなりません。基本はアルコールやカフェイン、薬などを避けて、バランスのとれた食事をすることです。それに加えて、妊娠中は鉄分とカルシウムを意識して摂取するようにするとよいでしょう。

妊娠中は子どもの分まで食べなさいといわれることもあります。しかし、本当に二人分食べるのでは多すぎるので、適切な量を把握しておくのは大事です。もともとの体重によって、妊娠中増やしてよい体重は変わってきます。もともとが痩せ形の場合は10〜12キロほど、普通体型の場合は7〜10キロ、太りすぎの場合は多くても5キロ程度までが目安とされています。これは、つわりで減ったとしても変わりません。仮に普通体型の人がつわりで5キロ減った場合、増やしていいのは減った体重から7〜10キロほどです。もともとの体重を基準にすると、短期間で急激に体重を増やすことになり、妊娠時高血圧症などになるおそれが高くなるためです。この点を意識して食事を調整するとよいでしょう。